RFPとは

                                                                読了予測:速読1分20秒、ゆっくり3分


RFP とは??


RFPは、
提案依頼書と訳されます。


システム調達で、
ベンダーから良い提案を得る為、作成が必要な文書です。

( ITコンサルと共に作成するのもいい方法です )



RFPの作成依頼




発注者は自社の希望を RFP としてまとめ、
システム調達先候補の各ベンダーに配布します。


RFP  を受領した各ベンダーは、
回答をまとめて、提案書形式で発注者へ返します。


                                                 RFPの提出



発注者は各ベンダーの回答が、RFP要求に沿っているかを
独自の基準で評価し、調達先として最優秀のベンダーを選定します。



                                                                             RFPによる、ベンダーの選定




Point

発注者とベンダーをつなぐ

RFPは、
発注者とベンダーをつなぐコミュニケーションツールです。


RFPを省き口頭でベンダーに要求を伝えたり、
RFP作成の要点が曖昧で、内容が希薄だと、
希望が十分に伝わらないので、、、



結果として、
納期遅れコスト増大品質不備 を招きます。
* ポイント!"

                                                                          RFPの不備

こんな失敗を防ぐため、RFPはとても大切です。


        RFPはとても大切






社内合意の形成ツール

またRFPは、
社内合意形成の為のツール、です。


システム部門だけでRFPを作った結果、
ベンダー選定の終盤で経営層やユーザー部門から不満の声が。。


実は経営層、ユーザー部門の意向は大きく異なっていた。。



                                                            提案依頼の失敗

こうなると、RFPは最初から書き直し、
再度ベンダーに回答をお願いしなければなりません。


ここ迄の、RFP作成とベンダー側の提案作成工数が無駄に。。



無駄になったベンダー側の工数は、
再提案時の見積金額に上乗せされてしまうかも知れません。


(発注者にわからないように)


         コスト増加


期間と工数がタイトな、
ベンダー選定作業において、手戻りは最も避けたいこと。


事前の社内合意が大切です。




手戻りを防ぐ為にも、
システム部門だけでRFPを作成しない。


発注側の、
システム部門・経営層・ユーザー部門等で、
しっかりRFPの内容合意しておくこと。
これもポイントです。




      RFP内容の合意





具体的記載が大切です

最後にRFPは曖昧表現を避け、
具体的に記載することが肝要
* ポイント!"



各種衝突を避け、
曖昧な表現で記載すると、後々問題が生じます。




RFPは相違する意見を炙り出し、
合意形成するためのツールだと、割り切ってください。





以上のように、システム導入成功の為には、

RFP  でベンダーに要求を正しく・漏れなく伝える。

RFP  を用い発注側ステークホルダー間で要求合意しておくこと。


これが大切です。





     RFPの成功



無料サンプル,チェックシート等、
ネット上で入手することは簡単な時代です。


しかし大切な調達なればこそ、
RFPコンサルのプロである当社の実力を、ぜひお確かめください。






  → イントリーグのコンサルティング費用についてはこちらです


  → RFPの作成完了までの流れはこちらです


  → お取引先様実績についてはこちらです




お問い合わせはお気軽にこちらからどうぞ






更新日 2018年1月25日   `<`コンサルタント ブログより転載`>`