業務内容 情報化企画(システム企画)・RFP作成・ベンダー選定・プロジェクトマネージメント支援の流れ図



RFPの書き方を考える上で、最も重要なことは「目的・背景・狙い、言い換えればシステム構築の趣旨」の明確化です。

RFPの書き方を考える上で、最も重要な「目的・背景・狙い=システム構築の趣旨」の明確化。

そのために経営や事業の観点で「情報化企画(システム企画)」がきちんと議論され、
取りまとめられていることが重要です。
この「情報化企画」がまとまっていないと良いRFPは作れません。


この情報化企画には「経営」「IT」の両方の知識が必要となります。
また、ただ社内で議論しても簡単にまとまるものではありません。


  以下の表をご覧ください。 悩みとして見受けられることは、情報化企画の重要性が社内で認識されないこと。情報化企画のまとめ方がわからないこと。情報化企画の段階が曖昧なこと。に有ります。

  これらは、多くの情報化企画や調達担当者の共通の悩みです。


  ぜひ一度イントリーグにご相談ください。




プロジェクトマネージメントについて

調達活動において最良のベンダーを選定することは、非常に重要な成功要因です。

しかし、たとえ優秀なベンダーを選んでも、ベンダー選定後に待ち構えているプロジェクト
マネージメントがうまくいかないと、貴社のプロジェクトが成功するとは限りません。


 以下の表をご覧ください。 プロジェクトマネージメントに於けるご要望は、何としてもプロジェクトを成功させたい。社内の経験が乏しいので、良いアドバイザーが欲しい。利害対立が社内に有る為、中立の立場でコントロールする役割を担って欲しい。などが顕著です。

 上記のようなご要望の有るお客様は、ぜひイントリーグにご相談ください。


 当社の「RFP作成、ベンダー選定支援サービス」を利用されたお客様の多くが、
 この「開発プロジェクトマネージメント支援サービス」を、引き続き採用されております。


 基本的に下記の3つのフェーズに分け、各フェーズに適したサービスを実施いたします。

要件定義、基本設計プログラム開発、結合テスト、移行、本番稼働後のフォロー、についての流れ図です。




プロジェクトマネジメント支援のケーススタディーはこちらです

→ お取引先様実績についてはこちらです
→ お問い合わせはお気軽にこちらからどうぞ>