事例紹介 情報化企画支援ケース(B社の場合)

A社より

と依頼がありました。

まずは現状でどこまでお客様の方で検討が進んでいるか、ヒアリングを実施しました。
企画書を作成してそれなりにまとめられていましたが、以下の課題が見られました。

そこでまず最初に「皆さんにとっては要件洗い出しの繰り返しになるかもしれませんが、もう一度原点に戻って、現状のシステムは何が問題なのか、新システムに何を期待したいのか、考えてみましょう」と、ブレーンストーミングを実施しました。
ここで大事なのは、

「こんなの当たり前だから出さなくてもよいな」
「こんなこと言うとバカだと思われそうだからやめておこう」

といった遠慮、躊躇をしないようにナビゲートすることです。なんでもよいからどんどん思いついたことを出してもらう。それを漏れなく重なりなく、レベル感をそろえて整理することがイントリーグの腕の見せ所です。

ある程度業務要求が整理され、システムのイメージが見えてくると、お客様の参画意識が高まり、積極的にアイディアや意見交換を交わすようになります。
この状態になればRFP作成は必ず成功します。
この状態を作り出すことこそ、イントリーグの仕事で最も重要なことであると考えています。

文書化の手順や表の書き方、提案作成要綱に必要な内容の提示などはイントリーグがノウハウを提供しますので、少ない手間でRFPを作り上げることが可能となります。

A社では完成したRFPを4社のベンダーに渡して、提案を求めました。
各社の提案書はそれぞれ数十ページとボリュームが多く、一見どれも良く書けているように見えます。

どのように提案書を評価するのか?
A社の方針は次のようなものでした。

このA社の方針に対して、イントリーグは過去のベンダー選定コンサルティングから得たノウハウを集めた提案書評価方式を提供しました。
提案書評価方式の提供とは以下の3つを指します。

このイントリーグが提供する評価方式を採用することでA社のベンダー選定はスムーズに運び、役員会でも「わかりやすい選定理由であった」とのお言葉をいただきました。

また、往々にしてベンダー選定で手間取り、予想外に時間を食って開発プロジェクトのキックオフが遅れてしまうことも少なくないのですが、このA社のケースではベンダー選定のスケジュールが予定通り行われ、余裕をもってプロジェクトのキックオフを迎えることができたこともA社から好評を得ました。